ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険のしくみ

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年6月20日更新
<外部リンク>

みんなで支えあう制度です

介護保険制度は、三木市が保険者となって運営しています。40歳以上のみなさんは、加入者(被保険者)となって保険料を納め、介護が必要となったときには、費用の一部を支払ってサービスを利用できるしくみです。

介護保険サービスを利用できる人

第1号被保険者(65歳以上の人)
第1号被保険者は、原因を問わず介護や日常生活の支援が必要となったとき、三木市の認定を受け、サービスを利用できます

第2号被保険者(40歳以上65歳未満の人)
第2号被保険者は、特定疾病により介護や支援が必要となったとき、三木市の認定を受け、サービスを利用できます。

サービスを利用するための手続きについて

介護サービスを利用するまでの手続は下記のとおりです。

  1. 申請申請書ダウンロード
    要介護認定申請書に保険証を添えて、市の窓口に提出します。手続きは、家族や介護支援専門員がいる介護関係施設(地域包括支援センター、居宅介護支援事業者、介護保険施設など)による、申請の代行もできます。
  2. 訪問調査
    市や委託された調査員がご家庭を訪問して、心身の状態などについて調査します。また、主治医に心身の状態についての意見書を市へ提出してもらいます。
  3. 一次判定
    公平に判定するため、認定調査の結果はコンピューターで処理されます。
  4. 認定
    三木市が任命する保健、医療、福祉の専門家から構成された介護認定審査会が総合的に審査し、要介護状態区分が決められます。
  5. 認定結果の通知
    結果が記載された「認定結果通知書」と「保険証」が届きますので、記載されている内容を確認してください。
  6. 介護(予防)サービス計画等の作成届出書ダウンロード
    認定されましたら、「介護(予防)サービス計画(ケアプラン)」の作成が必要です。要支援1・2の方は、地域包括支援センター、要介護1~5の方は、介護支援専門員(ケアマネジャー)と相談して作成します。
  7. サービスの利用
    介護(予防)サービス計画に基づいて、サービスを利用します。サービス費用の1割(一定以上所得者の場合は2割)は負担して頂きます。
  8. 要介護認定等の資料提供に係る申出書兼誓約書届出書ダウンロード
    介護サービス計画等の作成に必要がある場合には、利用者の要介護認定等に係る資料等の写しを提供します。

介護保険利用できるサービスの種類

  1. 居宅サービス
  2. 地域密着型サービス
  3. 施設サービス(要支援の方は利用できません)
  4. 福祉用具貸与・購入・住宅改修