ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 申請書様式ダウンロード > 指定申請・届出等・実地指導について

指定申請・届出等・実地指導について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年7月9日更新
<外部リンク>

介護給付費の算定届  実地指導について

新規指定・指定更新等について

  1. 新規指定については、事前協議が必要になります。あらかじめご連絡頂き、来庁してください。
  2. 指定更新については、更新予定日の1か月前までに必要書類を提出してください。
  3. 市町間協議等により指定をしている市外の事業所には、更新の案内はいたしませんのでご留意ください。
  4. 指定更新の更新は有効期間終了日の1カ月前までに正副2部提出してください。
  5. 変更届出書は、変更後10日以内に提出してください。

様 式

介護給付費の算定に係る届出について

  1. 認知症対応型共同生活介護(グループホーム)については、届出が受理された日が属する月の翌月(届出が受理された日が月の初日である場合は当該月)から算定が可能です。
  2. 地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護、小規模多機能型居宅介護については、「届出が毎月15日以前になされた場合には翌月から」「16日以降になされた場合には翌々月から」算定が可能です。
  3. 居宅介護支援については、「届出が毎月15日以前になされた場合には翌月から」「16日以降になされた場合には翌々月から」算定が可能です。

様 式

実地指導事前調書等について

 実地指導にかかる事前調書、自己点検シート等を掲載します。
 実地指導実施日の14日前までに、1部提出してください。

認知症対応型共同生活介護

認知症対応型通所介護

居宅介護支援

小規模多機能居宅介護

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)